陶片窟-ブログ版TOUHEN-KUTSU

touhenk.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 26日

陶片図鑑 7 (暮らしの道具)

灯明具やすり鉢、甕など、古いことは確かだけれども、細かい時代が私にはわからないものをまとめてみました。

(灯明具)
f0133749_1573670.jpg
                             灯明具
                     (江戸時代~ 宮島、江田島・切串) →大きな画像

 電灯やランプが普及する以前の明かりの道具も宮島や鞆、江田島・切串から出てきます。長時間使えるように改良したひょうそく、皿の中に灯芯を立てる部分がついたタンコロ。小さな素焼きの、或いは鉄釉などを掛けた灯明皿も、宮島からたくさん拾っています。時代は当然、江戸時代のものが多いでしょうが、近代になってもしばらくは、この手の灯明具も使われていただろうと思います。

(すり鉢)
f0133749_15302812.jpg
                            古いすり鉢
                     (?~江戸時代、宮島、八幡川、鞆) →おおきな画像
f0133749_15321689.jpg
f0133749_15324073.jpg
                     古いすり鉢の櫛目部分(すべて宮島)

 詳しい時代も産地もよくわからないままで拾ってきました。現代のすり鉢は櫛目が隙間なく入っていますが、古いものほど櫛目が少ないそうです。私の拾ったものも、江戸時代のものが多いとは思いますが、中にはもっと古い時代のものも混じっていそうです。大部分宮島から出たものですが、八幡川からも少し拾っています。食器類の産地が、江戸後期になるまで肥前地域に集中しているのに対し、すり鉢は土も作り方も様々で、備前や唐津、たぶん関西地域のものなど、いろいろな時代の、さまざまの産地のものが入ってきているのではないかと思います。

(甕、壷)
f0133749_1612785.jpg
                         甕・壷(時代不明、宮島) →大きな画像

 持ち帰るのが憂鬱になりそうな大きな破片から、手に乗るほどの可愛らしいサイズまで、たくさん出てくる甕や壷の類いですが、今のところ拾うだけで、ほとんど分類ができないでいます。しかし、中には大きな窯印のついた、備前の大甕らしい破片も出ていて、これはかなり古いだろうと思っています。

(土瓶)
f0133749_16473841.jpg
                       関西系の土瓶の蓋(幕末頃、宮島)

 広島城の堀跡発掘調査報告書の中に、まったく同じタイプの土瓶の蓋が出ていて、そこに関西系とありました。私が広島で拾い始めた頃、たて続けに幾つかこのタイプを見たのですが、その時は古いものとは思わず、気が付いてから慌てて拾った陶片がこれです。以後、なぜかごく小さな破片を除いて、このタイプに出会いません。それと本体はどんなものなのか、知りたいと思っています。
[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 09:33 | ◇暮らしの道具


<< 陶片図鑑 6 (18世紀~幕末...      陶片図鑑 8 (明治~昭和の陶片①) >>