2007年 04月 26日

陶片図鑑 6 (18世紀~幕末の陶片③)

(18世紀半ば以降のお洒落で楽しい器たち)
f0133749_2148036.jpg
                      江戸時代のお洒落な陶片たち
                 (18~19世紀、宮島、鞆、八幡川、似島、江田島) →大きな画像

 18世紀半ば~幕末頃の器は染付の模様も雑で、絵の線もベタッとした、くたっとした感じがします。でも染料の呉須をたっぷり使って、蝶や牡丹の花、鳥、コウモリ、・・・いろいろな模様が描かれています。金彩を塗った、ちょっと豪華な皿の破片も見つかりました。単純な小皿や碗だけでなく、染付の八角鉢のような凝った形のものも時々出てきます。少し前の時代なら余程のお金持ちでないと持てなかったような、凝ったデザインの器が、宮島や鞆のような豊かな土地を中心にたくさん出てきます。多くの人の目に触れ、手に取られ、たくさんの人生の中に、愛らしくて、楽しい食器たちが入っていった様子が、海岸や川の陶片からも見えてきます。現代に通じる大衆社会の到来?を思わせます。一方、江戸時代は徹底したリサイクル社会だったそうですが、陶片にも修理した跡のあるものが見つかります。割れたお皿や碗を焼継という方法でくっつけて、捨てずに使ったんですね。

(色絵皿)
f0133749_1842588.jpg
                      色絵小皿(似島、18~19世紀か) →大きな画像&裏

 伊万里の器と言えば、博物館や骨董市、アンティークの本で目立つのは色絵皿ですが、海岸で近代以前の色絵と判るものはなかなか拾えません。広島の場合、2007年6月現在、似島で拾った写真の小皿の他に、たぶん17世紀のものかと思える虫文の陶片と、雑な色絵付けのある小皿を宮島で拾っているだけです。染付と違って剥げやすい上絵付けですから、似島の陶片のように美しいままで出るのは余程運が良くないと難しいでしょうが、上絵の剥げた跡があるものや、色絵の部分が抜け落ちたように見える染付なども見つかっていません。破片の場合、欠けた部分に色絵があっても判りにくいでしょうし、もともと贅沢品ですから数そのものも少なかったのでしょうが、江戸時代の色絵がもっと出てくればいいなと思っています。

(化粧道具など)
f0133749_413687.jpg
                      紅皿・嗽碗(18世紀~幕末、宮島)
                      油壷(17~18世紀、宮島) →おおきな画像
f0133749_518298.jpg
                   貝殻の形をした紅皿(19世紀前半、宮島)
        
 海岸や川からは食器以外にもいろいろな生活道具が出てきますが、これらは化粧用具です。上の写真左側の、ままごとの道具のような小さな皿はすべて紅皿です。化粧用の紅を塗りつけて売られていてました。貝殻にそっくりな型押しタイプと、無地あるいは簡単な染付のある少し大きめのタイプを宮島で拾っています。右上の大きな破片は、おはぐろ用の嗽(うがい)碗だそうです。大振りの碗で、外側よりも主として内側に模様があるのが特徴らしいです。碗の中央の丸い模様は宝珠です。周りに描かれているのは宝珠と一緒に描かれることが多い竜ではないかと思います。嗽碗の下の小さな瓶は油壷で、鬢付油を入れていました。

f0133749_4371285.jpg
f0133749_6144262.jpg
              段重・蓋物(18世紀~幕末、宮島、鞆)と裏側の釉剥ぎ部分 →大きな画像     
  
 積み重ねる形の器で現在でも身近なものと言えば、漆器やプラスチック製の、おせち料理を盛る重箱くらいですが、江戸時代や、近代以降も少なくとも明治、大正頃までは、陶製の段重(重箱)が大活躍していたようです。蓋付きの容器とともに、宮島や鞆から時々出てきます。
 内側を見ると、縁の釉が剥いであり、碗に似たカーブのある蓋物の方はこの部分で碗と区別します。用途はいろいろだったらしいですが、小さめの段重(重箱)は白粉入れに使われることが多かったそうです。江戸時代の段重や蓋物の蓋には、なぜか復元図や一番下の写真のようなデザインのつまみが多いようです。
f0133749_2228749.jpg
                           段重の復元図
f0133749_22281753.jpg
                 蓋のつまみ部分(江戸時代に多いデザイン、宮島)

(文房具)
f0133749_9254635.jpg
                        水滴(18~19世紀、宮島)

 これは書道に使う水滴です。海岸で出てくる江戸陶片は圧倒的に飯茶碗や小皿など日常食器が多く、ついですり鉢、甕、鉢、瓶、灯明具など、台所や暮らしの道具たちです。骨董市では定番の水滴は、海岸では滅多に出てきません。数だって食器のようにたくさんは必要ないですし、やはり幾らか贅沢品なのでしょう。江戸時代のものは宮島と八幡川から4個出ています。それ以外に江戸モノか近代モノか迷っているものを、宮島と鞆で2~3個拾っています。近代以降の水滴は底にたっぷりと釉が掛かっているものが多いのですが、江戸時代のものは、底の施釉はないのが普通のようです。共通した雰囲気がありますので、一度拾うと、かなり小さいものでも見分けがつくようになりました。
[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 09:36 | ◇18世紀~幕末の陶片③


<< 陶片図鑑 5 (18世紀~幕末...      陶片図鑑 7 (暮らしの道具) >>