陶片窟-ブログ版TOUHEN-KUTSU

touhenk.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 26日

陶片図鑑 4 (18世紀~幕末の陶片①)

 お金持ちの贅沢品だった磁器の器も、18世紀になると大衆化します。18世紀前半くらいから作られ始めた「くらわんか」タイプの碗などが、いろいろな海岸や川でも出てくるようになり、特に18世紀半ばを境に、何か見えない線でも引いてあるかのように、それ以前とは比べものにならないほど大量の陶片が出るようになります。広島でもこの頃、磁器、半磁器の食器が庶民に普及したのでしょう。呉線沿岸や島の干潟からも、広島市内や周辺の川からも、ごく身近な場所で、これら江戸時代の雑器たちは拾えます。

(くらわんか)
f0133749_10134566.jpg
                    くらわんかの茶碗と皿(18世紀、宮島)
f0133749_1855085.jpg
                        くらわんか碗・梅の木文
                       (18世紀半ば~後半、宮島)
f0133749_1862070.jpg
                    くらわんか皿(コンニャク判の五弁花入り)→裏側の写真
                       (18世紀半ば~後半、宮島)

 海岸や川で拾える江戸陶片の代表と言えば「くらわんか」と呼ばれる茶碗小皿たちです。典型的なタイプは18世紀のもので、頑丈で分厚いものが多く、碗の場合、19世紀のものより、現代の器との違いがよりはっきりしていて、江戸時代の陶片の中で最も拾いやすいです。小皿は18世紀後半くらいから、底が蛇の目凹型高台になったタイプが増えるようです。くらわんかの器は底と縁の両方が残った大きな破片で出ることも珍しくなく、古い陶片を拾ったという満足感を味わえます。コンニャク判と呼ばれるスタンプ模様や、雑ではあっても勢いのある手描きの絵の素朴な良さ、手に持った時の心地良い重さと、大らかな姿、見つけるたびにうれしいものです。皿の中央、見込みの部分には、五弁花(ごべんか)というワンポイント模様がついているものも多いので、干潟のなかでこの部分を見つけると、「あった!」とすべてを忘れて駆け寄ってしまいます。これらの器の一部は白い器肌の磁器ですが、磁器の原料と陶器用の粘土を混ぜたりした半磁器製品も多く、その境界線は曖昧で、作り方も姿同様おおらかなものだったようです。

(青磁染付碗)
f0133749_1375665.jpg
                      青磁染付碗(18世紀後半、宮島)     
f0133749_1341544.jpg
                           青磁染付碗復元図 

 外側だけに青磁釉を掛けた蓋付きの素朴な碗は18世紀後半に大流行したそうで、宮島からは引き出し一つを占領するほど拾っています。特徴があるので、小さな破片となっても見つけやすく、他の海岸や川でもけっこう出ています。青磁とはいえ、庶民の器だったようです。内側は染付で、たいていは底に五弁花や、五弁花の成れの果てのようなワンポイント模様があり、縁には四方襷(よもだすき)と呼ばれる飾りがあります。蓋がついていて、蓋と本体の模様は対になっています。くらわんか的な雑器で、お世辞にも美しいとは言えない、灰色がかった鈍い薄緑色が多いのですが、ときどき惚れ惚れするような澄んだ緑色をしたものもあります。

(薄手の碗)
f0133749_21274290.jpg
                 薄手の碗(18~19世紀初め頃、宮島、八幡川) →大きな画像
f0133749_13522160.jpg
                           薄手の碗(宮島)

 江戸時代の碗の中には非常に薄手のものが時々あります。器が薄いだけではなく、高台が持ちにくいほど低く、飯茶碗かどうか判らないほど小さいものもありますが、熱いお茶など入れたら手が熱かったのではと思うほどです。薄い分、割れやすかったのではとも思うのですが、宮島ではけっこう出てきます。花唐草や、氷裂文の中に菊花を散らしたものなど、優雅な模様も多いようです。年代は18世紀前半のものと、1780~1810年代くらいのものがあるらしいです。

(瓶類)
f0133749_6275566.jpg
                     いろいろな瓶(18~19世紀、宮島) →大きな画像

 18~19世紀の瓶も時々拾っています。ごく小さいものを除き、首の部分と銅が繋がったまま出たことはありません。どうしても割れてしまうのでしょうね。細い首の部分などが出ている蛸唐草の瓶は19世紀のもの。拾ったものの多くは小瓶ですが、かなり大きな瓶だったろうと思われる破片もあります。宮島、鞆などから少しずつ拾っています。

(そば猪口・湯呑・盃類)
f0133749_8541859.jpg
                 そば猪口・湯呑・盃(18~19世紀、宮島・似島) →大きな画像

 そば猪口は時々出てきますが、縁と底がバラバラに出ることが多いです。湯呑や盃もたくさん出てきますが、もともと小さい器ですから、割れると本当に小さな破片になってしまいます。湯呑とそば猪口の縁、大き目の湯呑や盃と飯茶碗は区別がつきにくいことがあります。

(信仰の器)
f0133749_952336.jpg
                       仏飯器(18~19世紀、宮島)

 ご飯を盛り付けて仏様に供えるための器です。現代のものに比べて、ご飯を盛る部分がやや大きいようで、くらわんか茶碗を小さくして足をつけたような素朴な姿をしています。海岸や川の陶片は、生活に不可欠な飯茶碗、小皿、湯呑が圧倒的に多いのですが、これは昔の人々の素朴な信仰心を感じさせる陶片です。
[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 09:46 | ◇18世紀~幕末の陶片①


<< 陶片図鑑 3 (17~18世紀...      陶片図鑑 5 (18世紀~幕末... >>