2007年 04月 26日

陶片図鑑 2 (中国陶磁など)

f0133749_6193069.jpg
                           中国陶磁(宮島) →おおきな画像

 広島の海岸からも、ごく僅かですが中国陶磁など、古い輸入陶磁の破片が拾えます。宮島からは南宋~元(12~14世紀)頃かと思える青磁の破片明あたりの染付或いはその可能性の高いもの福建省の窯らしいものなども出ていますし、中国陶磁の可能性があると言われた甕もあります。また、李朝か李朝写しの唐津だと言われたものも拾っています。

 宮島の中国陶磁の出方にはやや特徴があります。他の江戸時代の陶片が宮島の干潟のかなり広い範囲から出るのに対して、中国陶磁は比較的厳島神社に近い場所で見つかる傾向があります。拾った数そのものが多くはないため、偶然かもしれないのですが、それでも今まで拾ったものはすべて神社のまわりか、それに続く大鳥居のそばの干潟で拾っています。

f0133749_6492063.jpg
                    中国青磁(12~14世紀くらいか、鞆)

 中国陶磁は福山市鞆の埋立予定地の干潟からも拾っています。写真の青磁は外側に蓮弁の模様があり、見込みに「吉」の文字と花の模様のある手の込んだものです。鞆では、その他に中国ではないかと思うものがもう一つ出ています。埋立が回避されれば、これから幾つも出てくるのではないかと思います。

 今のところ私が歩いた広島の海岸や川で古い輸入陶磁が見つかったのはこの二つの場所だけです。しかし、陶片を追いかけて、広島の歴史に触れる機会が増えるにつれ、出てきても不思議ではない場所は他にもけっこうありそうに思えてきました。
[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 10:06 | ◇中国陶磁


<< 陶片はどんな場所にあるか      陶片図鑑 3 (17~18世紀... >>