陶片窟-ブログ版TOUHEN-KUTSU

touhenk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:◇明治~昭和の陶片③( 1 )


2007年 04月 26日

陶片図鑑 10 (明治~昭和の陶片③)

(洋食器)

 近代になると江戸時代から引き続いた飯茶碗や小皿などに加えて、洋風の食器類が普及していきます。その中には高級ブランドものや、ウイロー・パターンと呼ばれる東洋趣味の洋食器もあり、海岸からも時々出てきます。
f0133749_2219275.jpg
                   オールド・ノリタケ、コーヒーカップの受け皿
                        (大正~昭和戦前、似島)

 海岸で拾える戦前の高級ブランド洋食器で一番多いのはノリタケ、日本陶器の器です。しかし美しい器も上絵付けが丁寧であっただけ、海岸では剥げて白っぽくなり、ノリタケの銘がなければ、かつての姿など想像できない状態で見つかります。その中で写真の3点は保存状態も良く、珍しく模様もそのまま残っていました。左端の皿は「オールドノリタケ コレクターズガイド」(木村一彦&葵航太郎著、トンボ出版)により、右端は模様の意匠登録番号から、コーヒーカップの受け皿と判りました。中央の小皿もたぶん受け皿だろうと思います。
f0133749_2234473.jpg
                     ノリタケの裏印の一つ、ヤジロベー印

 オールド・ノリタケの裏印はたくさんありますが、ヤジロベーの形をした裏印は代表的なものの一つです。モダンで美しいコーヒーカップなどのイメージが強いノリタケですが、国民食器の小皿も作っていたらしく、当時の状況が偲ばれます。広島の海岸では、東洋陶器の器も少し拾っています。

(台所の道具)

 近代の陶製台所道具では、すり鉢、急須や土瓶、おろし金などが目立ちますが、すり鉢はつい古いものばかり拾ってしまい、急須や土瓶は私に判断のつかないものも多く、陶製おろし金以外はまだあまり集めていません。

f0133749_18165768.jpg
                    陶製おろし金(戦前、宮島、八幡川、鞆) →大きな画像&裏

 陶製のおろし金は、意外にたくさん出てきます。白磁のタイプは昭和の金属代用品で、戦時中の統制番号入りも拾っています。茶色のタイプは時代に幅があるかもしれず、中には明治、大正のものが混じっているかもしれません。大部分は金属製のおろし金にあるような角型ですが、たまに皿の形をしたものもあり、これは古瀬戸のおろし皿を連想させます。

f0133749_2337537.jpg
                     似島に多い謎の蓋(たぶん近代か)

 とにかく似島でたくさん出てきます。最近まで、あまり拾ってこなかったせいかもしれませんが、いつ行っても、必ず大きな破片や小さな破片が転がっています。それでなくても生物の豊かな似島の海岸で、陶器の柔らかい器肌は表面のツルツルした磁器よりも生物達にとって心地よいのか、うんざりするほど海藻だの、ヤッコカンザシの類いだの、ありとあらゆる魑魅魍魎ども?(^^ゞ がくっついていることも多く、図体が大きい割りに、そう美しいとも思えず、長い間なんとなく無視してしまっていました。なんだか嫌いという陶片って実はあるんですよね。(ーー;) でも、あまりに繰り返し、繰り返し、目の前に出てきますので、これは拾わないわけにはいかないなあと思い、持ち帰るようになりました。おまけに最近、鎌倉の材木座海岸に漂着した古瀬戸などを身近に手にする機会が増えてから、「あっ!」と思ってしまいました。これ、中世の瀬戸の施釉陶器の遠い成れの果てのような雰囲気があります。似島でたくさん出ることからも、近代のものだろうと思いますが、ひょっとしたら瀬戸産かしら?少し興味が湧いてきました。これも、こんなにたくさん蓋を見かけるのに、本体がどんなものか判らないでいます。何しろセットで出てきてはくれませんから。きっと気付かないだけで、本体も出ているはずでしょうけどね。なぜか似島で特に目立ちますが、宮島、鞆、八幡川あたりでも拾っています。

(碍子、タイル、便器など)
f0133749_01540.jpg
                   碍子、タイル、コンセント、ローゼット、便器 →大きな画像&裏  
           (明治~昭和、ただし戸車の時代は不明、似島、鞆、江田島、畑賀川)

 古い家を取り壊した時に出たものでしょうか。タイルや便器なども出てきます。写真左端のタイルは銅版転写で繊細な模様が付けられています。裏がザラザラの分厚い陶器でできたタイルで、明治~大正頃の瀬戸で作られたもの。写真右端の染付は便器です。大便器の〇〇隠しの部分ですね。家族から最もヒンシュクを買ったコレクションですが、便器には可憐な野の草や牡丹の花が描かれていて美しいです。昔の人は風流なものです。

 海岸や川では碍子もたくさん見つかります。碍子とは送電線などに使われる電気絶縁用の磁器製品で、電柱を見上げると、今でもたくさん使われています。家の中でも小さな碍子が使われていました。写真のタイルの下にある、小さなくびれた筒状のタイプですが、これは数も多かったのでしょう、出てくる、出てくる、出てくる、私も一々拾ってはいないのですが、それでもサンプルとして少し持ち帰っています。現代の家の中で陶磁器製品はずいぶん少なくなりましたが、コンセント類も、電灯の天井と繋がっている部分(ローゼット)も、かつては陶製でした。

 写真中央のドーナツ状のものは戸車です。戸が滑らかに動くよう、埋め込まれるもので、陶製のものが時々見つかります。この陶製戸車、窯道具として器を載せて焼くのにも使われたそうで、有田の川へ行けば、山のように見つかりますが、広島で出てきたものは、たぶん本来の用途で使われたものだろうと思います。

f0133749_155327.jpg
                          沈子(昭和か、鞆)

 海岸では漁に使う陶製の沈子もよく出てきます。写真は鞆でたくさん見つかる小さな沈子で、釉薬の掛かったものもたまにありますが、ほとんどは素焼きです。これよりも大きな釉薬の掛かった沈子も、いろいろな形や大きさで出てきます。
[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 09:14 | ◇明治~昭和の陶片③