陶片窟-ブログ版TOUHEN-KUTSU

touhenk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:◇戦後の陶片( 1 )


2007年 04月 26日

陶片図鑑 12 (戦後の陶片)

 海岸陶片を集めていると、どこまで拾うかという問題にぶつかります。身近な海岸に江戸時代の陶片があることに気がついて始まった私の陶片収集は、そんなわけで江戸時代が出発点でした。そこから時には中世や、もっと古い時代まで遡り、一方で明治、大正と近代史をたどるようにして干潟を歩き、ついに昭和と出会ったのです。戦時中の生活を感じ、占領下を通過し、やがて昭和30~40年代、私の子ども時代の記憶と合流する。干潟のなかで、書物の中の日本史と、私自身の歴史が出会う感動を体験しました。学校時代、いつも駆け足状態の三学期、ほとんど習わずに終わってしまったような現代史ですが、海岸では圧倒的なモノの存在感で戦後の、ちょっとだけ昔の世界が散乱しています。
 戦後の陶片は収集に値するか。つい昨日まで家庭にあった、それどころか今も使っているような食器類。しかし戦後も既に60年以上経過し、十分に歴史上の時代となりつつあります。私が子どもだった頃と今とでは、社会の状況、雰囲気も、感性も違っていました。社会の状況、感性が違えば、身の回りのモノだって違ってきます。「戦後のものだが、たぶん30年以上はたっている」と思われるグループに属する陶片をどうするか。今のところは、その時の気分のまま・・・です。でも少しずつ集まり始めました。

(占領下の陶片)
f0133749_9565799.jpg
                 MADE IN OCCUPIED JAPANの文字入り
                           (占領下、宮島)

 戦後しばらく、日本からの輸出品には、MADE IN OCCUPIED JAPAN(占領下の日本製)という文字が付けられていたそうです。文字の入った小さな底の部分だけですが、宮島と似島で一つずつ拾っています。

f0133749_2038120.jpg
                        ローズチャイナ印のノリタケ
                       (昭和21年~、宮島、似島) →大きな画像&裏
f0133749_2039768.jpg
                         ローズチャイナの裏印

 海岸から、たまに可愛らしいバラのマークの付いた洋食器が出てくることがあります。実はこれ、戦後すぐのノリタケなんです。戦前と同じ品質のものがまだ作れなかったため、ノリタケの商標を守るために、昭和21年から、しばらく使った裏印だそうです。※ 輸出向けだけでなく、進駐軍向けの製品にもこの裏印が使用されていた可能性があるそうですが、海岸から時たま出るところを見ると、進駐軍を通じて国内にも幾らか出回ったのかもしれません。

※ 「オールドノリタケ コレクターズガイド」 木村一彦&葵航太郎著、トンボ出版

(昭和30~40年代の陶片)
f0133749_7522950.jpg
                      懐かしい水玉の食器(鞆、似島)

 私の記憶にもある時代の陶片たちです。水玉模様の急須や飯茶碗、湯呑は当時どこの家庭でもあったのではないでしょうか。これらは長崎県の波佐見で生産されたそうです。波佐見は「くらわんか茶碗」の故郷です。江戸時代から、庶民に愛される安くて飽きの来ない日常雑器を作ってきた伝統がこの時代にも生き続けていたのですね。
f0133749_23221195.jpg
                      昭和40年代の子ども茶碗(似島)

 パーマン柄の子ども茶碗です。高台内のマークは金正陶器。昭和35年頃からキャラクターの絵のついた子ども茶碗を作ってきたメーカーのものです。子ども茶碗は今まで拾った数が案外少なくて、戦後のものとはっきり判るものはこれ一つだけです。

f0133749_7541871.jpg
                        お風呂や水周りのタイル
                        (昭和40年代頃までか)

 お風呂か水周りのタイル。これも、できるだけ見ないように気をつけていたものの一つです。何しろ大きな塊で捨てられていることが多く、たいていは家の廃材という感じです。でも、たまにこんな小さな破片になって、ちょうど良いくらいに摩滅して出てくるものがあり、つい拾ってしまいました。長い間、私の部屋で文鎮として活躍してくれています。「お湯に首までつかって!色のついたタイルを数えたら出ましょうね」こんな声が聞こえてきそうです。

(昭和50年代以降の陶片)
f0133749_23262540.jpg
                        唐子模様の蓋
                  (たぶん昭和50年代以降、鞆)

 陶片を拾い始めた頃、まさか将来これを拾うとは夢にも思いませんでした。今でもたいていは拾いませんけど・・・(^^ゞ でも、このデザイン、新しい陶片の中では飛び抜けて目立ちます。よく見かけます。私の陶片コレクションの中で最も新参者の陶片です。
[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 09:02 | ◇戦後の陶片