陶片窟-ブログ版TOUHEN-KUTSU

touhenk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:★TOP( 1 )


2007年 04月 26日

TOUHEN-KUTSU

陶片窟  陶片窟ブログ化についてf0133749_10303640.jpg
 海岸や川では、いろいろな時代の陶磁器の破片が見つかります。最近捨てられたものだけでなく、江戸、明治、大正、戦時中のもの、時にはもっと古い時代のものまで、身近な海岸に無造作に転がっています。昔の茶碗や皿、化粧品容器、灯明皿、陶製人形、すり鉢やおろし金などの台所用品・・・海の底から漂着したり、干潟の泥の中にゴミとして眠っていたり、海岸はタイム・カプセルなのです。私は瀬戸内海に面した広島の海岸や川を歩いて、それらを拾い集めて楽しんでいます。
大きな画像

新着ニュース
更新記録

この本館(メイン・ブログ)は3つの部分で構成されています。

1.★総論的な記事
  「気分は宝さがし」「海岸や川の陶片とは何か その1・その2」「海岸や川の陶片の未来」
 陶片拾いの楽しさ、海岸や川になぜ陶片があるのか、陶片から何が見えるのか、海岸や川の陶片が秘めている可能性、私の陶片への夢について書いています。

2.◆広島の陶片海岸&陶片川の紹介
  ・「陶片のある場所」私が歩いた広島の海岸や川について書いています。

3.◇陶片図鑑
  土器や中国陶磁、江戸時代の陶片から、明治、大正、昭和、戦時中、そして戦後の陶片まで、広島の海岸や川から出てくる代表的な陶片、数は少ないけれど貴重な陶片を大まかに分類して紹介します。これらの陶片は、たとえば東日本に多い瀬戸の古い陶片が少ないなど、地域による差もありますが、ほぼ日本中で出てくるだろうと思っています。

陶片窟別館
 陶片窟にはたくさんの別館があります。「陶片窟」本館(メイン・ブログ)は陶片窟世界の玄関でもあり、ここからいろいろな部屋(別館ブログ)に入っていけるようになっています。

陶片窟の引き出し
 別館と言うより、本館と一体になった陶片窟の奥座敷です。本館の記事の補足説明も兼ねていますが、本館とは独立した記事も増やしていく予定です。

陶片窟の基礎講座」 初めて海岸や川の陶片を拾ってみようと思った方へ。陶片探しの最初の日を楽しむための、お試しセット的知識です。 古い陶片は貴重でおもしろいものですが、たくさんあります。簡単に拾うことができます。
「鞆・雁木下の陶片」
 福山市鞆には江戸時代の港湾施設がそのまま残っています。当時の港は潮の干満にあわせて船を付けられるよう階段状になっていました。その雁木の下の小さな干潟から拾った陶片を集めました。
「鞆・埋立予定地の陶片図鑑」 
福山市鞆の架橋計画で埋立予定地となっていた干潟には、実はたくさんの古い陶片が眠っています。拾い始めたのは2006年からですが、僅かな間に大量の陶片を収集することができました。

f0133749_8512080.gif「陶片窟日記」
陶片窟の日記ブログです。日々の陶片拾いの話題など、もっとも頻繁に更新しております。新しく陶片窟および別館ブログ全体のコメント用窓口も作りました。 new
「陶片狂の玩具箱」
 現在は「陶片窟日記」と合併しました。私が趣味で集めた古い絵葉書や古雑誌など、ガラクタ類の紹介をしています。これまでの記事はそのまま読めます。

彼岸花の一年
 お彼岸の頃、突然あたりを真っ赤に染めて咲く彼岸花。花の時期以外はどんな姿をしているのだろう・・・そんな疑問から花の終わった後を追いかけてみました。
見たものブログ
 ふとおもしろくて撮ってしまった写真、陶片窟日記で使いきれなかった写真。そんな半端な写真を成仏させるために作ったフォトアルバムです。

陶片窟のリンク集

f0133749_9305197.gif ご意見、お問い合わせについて
 
「陶片窟日記」に陶片窟および別館ブログ全体のコメント用窓口を設けました。管理者本人だけ読むことのできる鍵コメ機能もございます。



f0133749_2350456.gif

[PR]

by 10henkutsu | 2007-04-26 10:14 | ★TOP